2014/09/17

うなぎの西本(名古屋市)

家族遠征です。

出発前、「名古屋へ行こう⇒”ひつまぶし”を食べよう」と決めたけど、お店がいろいろ、激混みもいろいろ で、どこに行こうか状態。こういうときは、楽ちんに限るということで、午後の目的地の徳川美術館そばの 西本さんへGO!。気合十分、順調に高速を進めて2時間で到着。開店30分前、お店一番乗りでした(待ち時間で、こぞうのおむつ替え。ほどなく、うなぎを焼くカオリが~~)

風情を感じる店構え、さらに座敷に座ると大きな鯉がおよぐ中庭がいい。心静かになる場所が名古屋中心部にもあったのね。

肝心のうなぎ。関西風の焼き加減でありながら、表面パリッ、中はふんわりはうれしいひと口。タレは甘目。うなぎ丼に比べ、ひつまぶしはより甘目(濃いめ)となるのは、薬味やだし汁をかけることを考えての心遣いでしょうか。

# だし汁はトロミがある独特なもの。まろやか感があります。

お吸い物はゆず吸いで、口に含めばさっぱりに。これでまたうなぎが美味しくなります。

子供たち、特にふぅちゃんに好評。たまには浜松以外のうなぎもいいね。
[うなぎ指数] ★★★★☆
※ 開店15分で満席、駐車場も埋まりました。人気店もうなずけます。

※ このあと、徳川美術館

| | コメント (0)

2012/07/30

[駅弁][記事]うなぎ弁当(浜松駅)

自笑亭が扱うウナギ弁当を4種類紹介。このうち、赤ワインと昔のノーマルは食べたことがある。他県のうなぎ弁当とは段違いの美味さと感じるが、やっぱり浜名湖養魚漁業共同組合が、イチバンです。
最近、昼立ちの出張がないので、ごぶさただけど..

[出典]WEDGE Infinity(2011/4/15)
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/1302

| | コメント (0)

2011/07/23

きょうは

110724_0277土曜日。じゃなくて、丑の日の話。本当はおととい(7/21)だったけど、我が家は昨日、うなぎでした。こども達は終業式、母さんはガンバッテ仕事から帰ってきたので、もりもり食べよう。

近所の佳川へ。予約なしで行ったから、待つのは覚悟のうえ。待っている間に腹もすいてくることだし。広報やら新聞やら持参してきたし(笑)

# おまけに屋外は涼しかった。

30分後、通してくれたのは、2階の和室。そう、しんちゃんが3歳の七五三でお祝い昼食を食べた部屋。「覚えている?」と聞いたが、めいろに忙しい二人。

おきまりの上うな重を「四つ」注文。つまり、こどもも大人と一緒。調子よく食べ始め、二人とも見事に半分以上はたいらげる。そのくらい、ウナギ好き(かつ、美味しい)

もちろん、残り分は父さん、母さんのお腹のなかへ。こちらも、満腹、しあわせ~。

[写真] 配膳待ちで きも焼き。少し苦味を残しながら、甘いタレ味。酒のつまみによい。
(うざくも頼んだけど、我が家は きも焼きに軍配)

| | コメント (0)

2010/07/25

八百徳(浜松市)

うなぎを食べたいと親類一同でGO! 大人数、でも予約なし なので、確実性を求めて、いつぶりだろう? の八百徳(本店)へ。うまいぐあい個室貸切になったのはツイテいた。

お決まりの「丼」と「重」論では、こどもたちはみんな「丼」を即決。保育園の歌「うーなーどん、うなどん」の威力は絶大である。

ほどよい待ち時間で、うなぎさんが登場。柔らかな身はオミゴト。

ふぅ:(昼間にスーパーでつまみ食いした)うな丼とは違うね。
...お店屋さんに失礼デスよ(大笑

タレは甘すぎず、辛すぎず、濃すぎず、薄すぎず..自然なお味といえばよいのかな。母ちゃんの漬物は塩辛くてアタリだったようだけど。

川ますの経験から、ひとりづつ「丼」を注文した ふぅ&しんちゃん。今回は食べきれず、お腹が妊婦さんになった父ちゃんでした。
[うなぎ指数] ★★★☆☆ (ココが指数の基準。案外わかりやすい?)

| | コメント (0)

2010/01/22

うなぎ太巻(東岡崎駅)

100123__img_3436キレイなおねーちゃんが購入したのにつられました(笑。いろどりがシャレているだけかと思えば、予想外に美味。タレは上品な薄味、柔らかなうなぎも惜しげなく入っています。ネギのしゃきしゃき感もいいね。お値段も良心的(450円)。ご馳走さまでした。
【購入日】2009.1.21
【購入駅】東岡崎駅(名鉄)
【満腹】★★★
【お味】★★★★
【満足度】★★★★
【備考】 Libraの後。各駅停車の電車で食べおわると、安城駅で乗り換えた。

| | コメント (0)

2009/08/02

川ます(浜松市)

090810__img_1538しんちゃんの誕生祝い、あと土用の丑をやっていなかったということで、ウ ナ ギ です。。

11:40 お店に到着。お客1組しかいなかった店内は10分後に満員。注文してから、うなぎをさばく(カウンターから、さばかれるウナギ見物可)ので、蒲焼きとのご対面はそれから30分後。

# 我が家はテーブル席だったので、焼いている匂いを堪能..あ~腹へった~。

うなぎ表面の焦げがサクサク、しかし中はふんわり、やわらか。絶妙な関西風の焼き加減。うなぎがうまいから、ごはんが進む。おかわりしたーい。きも吸いもこれまたいいね。身がしっかり、苦味も一切なし。とても食べやすい。

タレはしょう油がやや強めめ。唯一気になったかな。ふぅ&しんちゃんもペロリと平らげ、「もうないの?」...次回は、一人前づつ注文しようか。
[うなぎ指数] ★★★★☆ (焼き加減が最高です)
※ 川ます(ますは口に斜線)カウンター10席、テーブル2席。

| | コメント (0)

2009/06/25

浜名湖養魚漁業共同組合の「うなぎ弁当」(浜松駅)

120801_5924浜松名物といえば「うなぎ」。うなぎを使った駅弁も駅構内の複数のお店で販売されていますが、こっきぃはココの駅弁が一番好き。
「うなぎ」・・・やわらかい、肉厚な身
「たれ」・・・甘すぎず、しょっぱすぎず
「ごはん」・・・ふつう~ややかため

付け合せは「奈良漬」だけ(^^; でも、シンプルにウナギを堪能するなら、へたなお店よりもこの駅弁で十分です(ちょっと失礼な表現? いえ、そのくらいオイシイんです。)
【購入日】2009.6.25
【購入駅】浜松駅
【満腹】★★★
【お味】★★★★★
【満足度】★★★★★
【備考】 出張前の昼食を豪華にいただきました。
(浜名湖うなぎ 丸浜)

| | コメント (0)

2008/03/02

■うなぎ村こし

オシャレなうなぎ屋さん 3★

| | コメント (0)

2007/08/18

うなぎ大嶋(浜松市)

070819__img_3189夏休みに美味しいものを食べよう! と約束していたので、看板が気になっていた近所のうなぎ屋さんへ。ただ、到着が遅れたので、外で順番待ち。しりとり、じゃんけんコチョコチョ..持ちネタが尽きて、お店の周りをぐる~と一周(×2回)。お腹をすかせた子供たちを待たせるのも、一苦労だ(笑

きれいな店内で、注文した品が出てくるのを待つ。
1) ウナギの骨揚げ(お通し)
→ほんのり甘味。イイ感じだが、父ちゃんは2本だけ
2) うざく(鰻ときゅうりの酢和え)
→蒲焼きの甘タレと酢が絶妙に合う。これもイイネだが、父チャンは1口だけ
3) 肝焼き
→ やや苦味ある味。大人の味ゆえ、これこそのはずが、子供たちもしっかり1/4を完食(しんちゃん は、大苦に当たって黙ってしまったが..)

..とまぁ、ビールのつまみのはずが、子供たちが大半を平らげてしまう。困ったもんだ(笑

で、お待ちかねの うな丼が登場! まず子供たちの分からとりわけを..と始めると、うなぎの柔らかさにビックリ! お箸でつまんだだけで、身がほぐれてしまうほど..実際に食べてみても、ふっくら、やわらか。さすが、「幻のうなぎ」(共水うなぎ)と銘打つだけのことはある。

タレも”かろやかな甘さ”で、我が家好み。子供たちも、何度もオカワリしていました(特に ふぅちゃん)。+200円の「ごはん大盛」効果もあり、みんな満腹さんになりました。

帰り道、
父) 茶色のうなぎと白いうなぎ、どっちが美味しかった?
ふぅ) 茶色のうなぎ
しん)白いうなぎぃ~

と会話しながら、ニッコリさんで帰宅しました。

[うなぎ指数] ★★★★☆ (全身柔らかなウナギは、かんたろう と対極かな。)
[写真] うな丼(特)+ご飯大盛・・うなぎは3枚デス

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/22

かねりん(浜松市)

接待をかねて、久しぶりに外での昼食。自分のお財布でないから、豪勢にうなぎさんとご対面することに。通された奥の座敷から外を眺めると、風情を感じるお庭。座椅子に腰掛け、談笑しながら「主役」の登場を待ちます。

「お待たせしました~」-蒲焼き、肝吸い、お漬物、そしてメロン。まったりな香りとともに、配膳される。サンショウをかけて、イタダキます。

「甘すぎない濃い目の」タレは、こっきぃ好み。そして、肝吸いのキモの苦味が強いこと。強すぎる苦味は普通は敬遠されがちだと思うが、なぜか爽やかで心地よい風味。これが一番よかったかナ。
[うなぎ指数] ★★☆☆☆ (ウナギの触感と柔らかめのご飯が好みに合わず)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧