2016/12/30

2016年の戦果(54/45)

振り返れば、中身ある城攻めができた一年。でも、あまりに仕事がバタバタで、心のなかはカラッポなんです。来年は「楽し~い!」で満たしたいです。

1.47都道府県制覇
4/30名護屋城[佐賀県]、6/30福江城[長崎県]と立て続けに未訪地を攻めて、ついに念願達成。一区切りです。

2.海外初進出
7/24アーケシュフース城(ノルウェー)。海に浮かぶ要塞に、異国のお城にもほれ込んだ。でも、次に海外へ行くのは..

3.名護屋城&陣跡めぐり[唐津市]
今年のベスト。「破城はかくありたい」「陣跡と思うなかれ、まさに城」の連発でした。起伏の激しい半島全体が要塞と化した姿を、どっぷり堪能しました。

※ 表題は(攻城数/うち新規数)

| | コメント (0)

2016/04/11

全国遺跡報告総覧

便利な時代になったもんだ。
最近のものを中心に、全国1.6万件の発掘調査報告書がWEBで読めます。
■全国遺跡報告総覧(奈良文化財研究所)
http://sitereports.nabunken.go.jp

# 試しに「城郭」で検索したら、1926 件がヒット。
静岡県だと「伊豆石丁場」の報告書がでてきて、ビックリ。

| | コメント (0)

2016/02/07

Google マップ

パソコンで、Google マップのマイマップに行きたい場所を登録すると、
スマホのGoogle マップで登録した場所を見ることができるんだ。

場所の登録も簡単、注記も付けられる。レイヤ構造で表示のON/OFFもできる。データのインポート、エクスポートもできる(らしい)。こりゃ便利だ。

今さらだけど..知りました。

# 出張&来週の仕込みで、一日熱中しちゃった(笑

| | コメント (0)

2015/12/31

2015年の戦果(33/22)

冬季・GW・7月遠征ナシだったが、11月・12月の出張利用で多少は盛り返す。いけないと思いつつも、お城から足が遠のいてしまっている。

1.家族優先だよな..
純粋にこぞうと遊ぶのが楽しい。悲しいけど、お城は二の次に。
2.出張活用
2月藤沢攻め、11月青梅攻め、大月攻め、そして12月大野城攻め。出張カバンにトレッキングシューズを入れることも慣れました(笑)
3.大野城 [大野城市]
今年のベスト。石垣、土塁、礎石跡..。山々に囲まれた城内に田んぼや集落があるんだから、とても1日じゃ見切ることはムリ。古代山城、恐るべし。

※ 表題は(攻城数/うち新規数)

| | コメント (2)

2014/11/11

山城はトレッキング感覚で

楽しんでいいんじゃないですか。

上着(春秋)、ズボン()、下着レインウエアシューズ帽子、リュック(20L28L)と参考にしています。
城ガールとご一緒したことは...(大笑

■岐阜新聞(11/11)
身近な山、油断禁物 金華山登山道での救助、今年16件
http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20141111/201411110844_23692.shtml

| | コメント (0)

2012/12/31

2012年の戦果(119/94)

11月以降、写真整理をサボってしまったため、攻城数は集計中(オソマツ)。数は激減したことは間違いないけど、充実度はかなり高かった1年でした。(→ 追記参照。実は..)

1.出張なくとも休暇を活用
4月に職場異動したため、出張が皆無に。こうなると他力本願でなく、自力で動くのみ。休暇をフル活用した遠征を充実させました。(2月南九州大遠征、4月北信濃攻め、7月八戸攻め、12月茨城攻め

2.キーワード「堀底」
志布志城、知覧城 [鹿児島県]に始まり、九戸城 [岩手県]、沢田館、根城 [青森県]、そして、見川城、河和田城、小幡城 [茨城県]。堀底に立ち、ため息、そして驚愕の「スゲーよ」。遠く離れた日本の北と南で同じ感動を味わえたのは楽しかった。

3.穆佐城(むかさじょう)[宮崎市]
今年のベスト。ぷらっと立ち寄るつもりが、「南九州型城郭」の脅威を見せつけられる結果に。ちょうど整備中で見学しやすいことも幸いだった。有名どころ(飫肥城、志布志城や知覧城)はデカすぎる こっきぃには、穆佐城ぐらいのボリュームがちょうどよいのです。

番外.アイテム投資
デジカメタイツシューズ秋ジャンパー冬ズボンと、ずいぶん投資しました。遠征回数が減ったことの反動?...まぁ活用しているからヨシとしましょう。

# ただいま年賀状の印刷中。来年も仕事に時間を取られる分、ブログ更新もまばらになるかと思います。でも、こっきぃは元気です。楽しんでいます。...今年もありがとうございました。よいお年を!

##2013.01.04 追記##
攻城数/うち新規数をカウントしたら「119/94」だった。攻城数は前年タイ。新規は過去最高とうれしい勘違い。年4回の遠征でしっかり稼いでおりました。(^^;

| | コメント (0)

2012/08/01

遺跡地図一覧(西日本編)

西日本編です。東日本編(北海道~愛知県)の遺跡地図は、こちら

■ 下記以外に、使える城館地図情報があれば、ぜひご一報を!! ■
[記号:◎バッチリ、○使える、△難あり、×つかえない、存在しない、・その他]

【24】三重県
△Mie Click Maps(三重県)
http://www.gis.pref.mie.jp/
文化・教育に文化財の項目あり。数は少ない

【25】滋賀県
◎滋賀県遺跡地図(滋賀県埋蔵文化財センター )
http://www.pref.shiga.jp/edu/content/10_cultural_assets/isekimap/
検索はないが、遺跡の説明資料つき。

【26】京都府
◎京都府・市町村共同統合型地理寺宝システム(京都府自治体情報化推進協議会)
http://g-kyoto.pref.kyoto.lg.jp/gis_t/usher.asp

【27】大阪府
◎地図情報システム(大阪府)
http://www.pref.osaka.jp/jigyokanri/cals/tizu.html

【28】兵庫県
△埋蔵文化財保護の手引き(兵庫県立考古博物館)
http://www.hyogo-koukohaku.jp/guidance/administrative_area.html
地図表示のみ。名称は未記入

【29】奈良県
◎奈良県遺跡地図Web(奈良県)
http://www.pref.nara.jp/dd_aspx_menuid-16771.htm

【30】和歌山県
×

【31】鳥取県
△とっとりWebマップ(鳥取県企画部情報政策課)
http://www2.wagamachi-guide.com/pref-tottori/bunkazai.asp
文化財と遺跡情報。数は少ない

【32】島根県
◎島根県遺跡データベース(島根大学地域貢献推進協議会 遺跡データベース分科会)
http://iseki.ipc.shimane-u.ac.jp/index.html

○島根県遺跡マップ(島根県教育庁文化財課)
http://www.pref.shimane.lg.jp/bunkazai/
ユーザー登録が必要

【33】岡山県
◎岡山県文化財情報GIS(岡山県古代吉備文化財センター)
http://www.pref.okayama.jp/kyoiku/kodai/gis.htm

【34】広島県
◎広島県遺跡地図(広島県教育委員会)
http://www.pref.hiroshima.lg.jp/kyouiku/hotline/bunkazai/map/map.htm

【35】山口県
△やまぐちの遺跡(山口県埋蔵文化財センター)
http://www.y-maibun.jp/iseki/
数少ない

【36】徳島県
×

【37】香川県
×

【38】愛媛県
×

【39】高知県
×

【40】福岡県
・福岡市埋蔵文化財センター(福岡市)
http://www.city.fukuoka.lg.jp/maibun/html/remains_map.html
福岡市のみ

【41】佐賀県
×佐賀環境マップ(佐賀県教育庁 文化財課)
リンクなし

【42】長崎県
◎長崎の遺跡大辞典(長崎県教育庁学芸文化課)
http://www.pref.nagasaki.jp/jiten/ruins_area.php

◎長崎県遺跡情報システム(長崎県教育庁学芸文化課)
http://gissv02.pref.nagasaki.jp/isekiweb/MainController

【43】熊本県
◎行政情報インターネット地図公開システム(くまもとGPMap)(熊本県・市町村電子自治体共同運営協議会)
http://web-kgis.kumamoto-idc.pref.kumamoto.jp/

【44】大分県
×

【45】宮崎県
△宮崎市内遺跡地図(簡易版)(教育委員会 文化財課)
http://www.city.miyazaki.miyazaki.jp/www/contents/1241142505650/index.html
地図上に場所のみ表示。遺跡名なし

【46】鹿児島県
◎埋蔵文化財情報データベース
http://www2.jomon-no-mori.jp/gis/gis_top.htm

×かごしまの遺跡をたずねて
Web教材として開発されたが、現在リンクなし

【47】沖縄県
◎沖縄県公開用地図情報システム(沖縄県企画部情報政策課)
http://www.pref.okinawa.jp/gis/
電子国土Webシステムを利用しているため、全国の地名検索も可能

【遺跡地図】・>東日本編は、こちら

| | コメント (0)

2012/07/31

遺跡地図一覧(東日本編)

「遺跡地図」とは、遺跡の場所を地形図に図示したもののこと。都道府県あるいは市町村の教育委員会が発行しているが、遺跡として中世の城跡も含まれるため、城館の場所を調べるには強力なアイテムです。ただ、従来は紙ベースであり、また一般には出回っていないことが多いため、図書館等に出かけないと見ることができませんでした(特に遠隔地)

ところが、先日の八戸攻めで青森県の城館の位置情報をWebで調べようとしたら、「青森県遺跡地図」そのものが公開されており驚きました。Webの使い勝手がよく、城館の場所だけでなく概略も知ることができ、きわめて重宝しました。

ちょっとWebで調べてみると、最近は、自治体の地理情報の活用、公開が活発になっており、遺跡地図もずいぶんと公開されていることがわかりました。ひと昔では考えられないような、夢のような状況です。

そこで、都道府県単位でまとめられている遺跡地図(遺跡分布地図、埋蔵文化財分布地図)を一覧にしました。城攻めの下調べ(特にマニアな方)にぜひお使いください。(西日本編(三重県~沖縄県)は、こちら

■ 下記以外に、使える”城館地図”があれば、ぜひご一報を!! ■
[記号:◎バッチリ、○使える、△難あり、×つかえない、存在しない、・その他]

【00】全国
・遺跡データベース(奈良文化財研究所)
http://mokuren.nabunken.go.jp/Iseki/index.html
登録数 2010.5.4 Ver. 422,420件
全国の遺跡地図をベースに登録。地図はないが、緯度経度情報がある。

◎被災文化遺産支援コンソーシアム(CEDACH)
https://sites.google.com/site/cedachjp/
青森県、岩手県、福島県、茨城県、千葉県の遺跡情報

【01】北海道
◎北の遺跡案内(北海道教育委員会)
http://www.dokyoi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/bnh/kitanoisekiannai.htm

・北海道文化資源データベース(北海道環境生活部くらし安全局道民活動文化振興課)
http://www.pref.hokkaido.jp/kseikatu/ks-bsbsk/bunkashigen/
有名な史跡の概要・解説がある

【02】青森県
◎青森県遺跡地図(文化財保護課・埋蔵文化財グループ)
http://www.pref.aomori.lg.jp/bunka/education/isekitizu.html

【03】岩手県
△いわて遺跡ナビ(埋蔵文化財センター)
http://www.iwate-bunshin.jp/imaibun/map/
数すくない

△岩手県遺跡ナビゲーション(埋蔵文化財センター)
http://www.echna.ne.jp/~imaibun/map/index.html
数すくない

【04】宮城県
◎宮城県遺跡地図(宮城県教育庁文化財保護課)
http://www.pref.miyagi.jp/bunkazai/webgis.htm

【05】秋田県
◎秋田県遺跡地図情報(秋田県教育庁 生涯学習課文化財保護室)
http://common.pref.akita.lg.jp/heritage-map/

【06】山形県
◎山形県遺跡地図(山形県庁文化財保護推進課)
http://www.pref.yamagata.jp/ou/kyoiku/700015/yamagataiseki.html

【07】福島県
◎文化財データベース(まほろん(福島県文化財センター)
http://www.mahoron.fks.ed.jp/search.html

【08】茨城県
◎いばらきデジタルまっぷ(茨城県企画部情報政策課)
http://gis.asp-ibaraki.jp/jam_ibaraki/portal/index.html

【09】栃木県
×

【10】群馬県
◎群馬県文化財情報システム(群馬県教育委員会)
http://www2.wagamachi-guide.com/gunma/index.html

【11】埼玉県
◎埼玉県の文化財マップ(埼玉県教育委員会)
http://saimaizou.jp/source/frame.html

【12】千葉県
◎ふさの国文化財ナビゲーション(千葉県教育委員会)
http://wwwp.pref.chiba.lg.jp/pbbunkazai/

・千葉市埋蔵文化財調査センター遺跡検索(千葉市埋蔵文化財調査センター)
http://www17.ocn.ne.jp/~maibun/iseki/isekijyoho-top.html
千葉市の埋蔵文化財の一覧表のみ。地図なし

【13】東京都
◎東京都遺跡地図情報インターネット提供サービス(東京都教育委員会)
http://www.syougai.metro.tokyo.jp/iseki0/iseki/

【14】神奈川県
×

【15】新潟県
×

【16】富山県
◎富山県GISサイト(富山県情報政策課)
http://wwwgis.pref.toyama.jp/toyama/Default.aspx
検索がやや難

【17】石川県
×

【18】福井県
×

【19】山梨県
・遺跡(周知の埋蔵文化財包蔵地)分布図・一覧表(山梨市)
http://www.city.yamanashi.yamanashi.jp/citizen/guide/sports/lifelong-study/2011-1125-1025-69.html
山梨市の埋蔵文化財

【20】長野県
△しんしゅうくらしのマップ(長野県)
http://www.pref.nagano.lg.jp/kikaku/josei/gis/index.html
数すくない。他情報と混在

【21】岐阜県
×県域統合型GISぎふ(岐阜県建設協研究センター)
http://www.gis.pref.gifu.jp/
埋蔵文化財なし

【22】静岡県
◎静岡県埋蔵文化財包蔵地システム
http://www.pref.shizuoka.jp/kyouiku/kk-100/houzouchisystem/riyouhouhou.html

・静岡県の城総覧(城と戦国浪漫)
http://www.sengoku-shizuoka.com/castle/
地図はないが、城郭情報は「静岡県中世城館」がベース

【23】愛知県
◎マップあいち(愛知県)
http://maps.pref.aichi.jp/
テーマ別地図一覧の下記見出しからリンクで地図表示
・愛知県文化財マップ(埋蔵文化財・記念物)
・愛知県文化財マップ(ナビ愛知)

△遺跡の位置を探す(愛知県埋蔵文化財センター)
http://www.maibun.com/Gmap/newindex.php/
登録数:29件 発掘調査が行われたもののみ。

【遺跡地図】・>西日本編は、こちら

| | コメント (0)

2012/07/06

レール&レンタカーきっぷ

120707_3409かなり便利になりました。

駅レンタカーとJR切符の組み合わせでレンタカーと切符が割引(*1)になる商品。商品そのものは昔からあったけど、電話か、駅の窓口で手続きするが必要であり、利用は見送ってきた。やっぱりWebの時代。なんとかならんかなぁとずっと思っていた。

ところが、九州大遠征の新八代駅で見つけた一枚のチラシ。2010年10月に申込み手続きが変更されているとのことで、ビックリ。
1) レンタカーはWeb予約
2) 予約票を駅窓口に持って行って、きっぷとレンタカー利用券を発券

割引適用外時期(GW、夏季・冬季)、JR利用距離、レンタカー料金が24H単位、そして発券(きっぷ購入)を同時に行うといった条件があるものの、切符割引の魅力は見逃せません。

ということで、購入してみました。レンタカー予約票をもって、駅窓口へ。手際よく発券処理してくれて、10分程度で完了。これなら手続き中窓口を占有してしまい、後続者から白い目で見られる心配もなさそうだ(小心者ゆえ 笑)

気になる金額だが、JR料金だけで比較すれば、正規料金に比べ6,360円安くなった。きっぷ分割、金券屋利用、長距離バスetc で、もっと費用を下げることも可能かもしれないが、「レール&レンタカーきっぷ」だけでも、かなりお得に移動できることがわかった。これなら、九州大遠征もコレで行けばよかった!!

■料金の比較 [ ]は正規料金
・ゆき
乗車券:浜松-二戸 8,820 [11,030]
特急券:浜松-東京(自由席)2,920 [3,250] ←
特急券:東京-二戸(指定席)5,080 [5,650]

・ゆき
乗車券:八戸-浜松 9,070 [11,340]
特急券:八戸-東京(指定席)5,400 [6,000]
特急券:東京-浜松(指定席)3,380 [3,760] ←指定席も10%引き!

・レンタカー
軽自動車:二戸-八戸 11,800 (*2,3)
(乗り捨て料金=0円)

# ...ということで、来週後半に旅立ちます。6^^9

(*1) JR乗車券20%、特急料金・グリーン料金等10%割引
新幹線も割引対象なのが重要ポイント
(参考)周遊きっぷの往復だと、特急料金は割引対象外。しかも東海道新幹線は、乗車券も5%引きと割引率が低い。
(*2) レンタカーのみの予約だと10,380 (駅レンタカー、インターネット割引適用)
(*3) 乗捨ては営業所間の距離が50kmまでは“無料”(北海道は別料金)。
通常レンタカーは同一県内の乗捨て無料が多いが、今回は都道府県をまたぐ(*4)ため、その対応もポイントだった。
(*4) 二戸は岩手県、八戸は青森県 なんです(初めて知った (^^;

| | コメント (3)

2012/03/22

「発見!ニッポン城めぐり」x「iPod touch」

120325_1826携帯でお世話になっているけど、アプリもあるんですね。先日発掘された、しんちゃんのiPod touchに入れてみる。ログインIDの取得作業が必要だったけど、繋がってしまうと、すんごくイイんです。これが。

[メリット]
◎ 通信料ゼロ!
自宅の無線LANを使ったWi-Fi接続で。城や武将のデータ閲覧も通信料がかかるからオッカナビックリだったけど、これでじっくり見ることができる。
○ 高速表示
これもWi-Fi接続のおかげ。タッチすれば、見たい項目がガンガン表示できます。
○ みやすい画面
画面が大きいので文字が読みやすい。また指でスクロール&タッチの操作は、PCライクで使いやすい

これで、「発見!ニッポン城めぐり」は
・携帯=リアル攻城記録
・iPod touch=攻城計画、リビングでの暇つぶし、(家臣団の世話)
と大幅に使い道が広がる。単なる携帯ゲームの域は超えたな。恐るべし。

[写真] アプリ入れたこと教えたら、子ども達が城アバターを変更しました>五層天守と二重櫓
..これで、南九州大遠征の貯金がパー(大笑
# アプリ「城めぐTOUCH」も便利ですヨ。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧