« さようなら中田島砂丘 | トップページ | 図書館まで »

2020/04/17

新基準が決定@天守復元

「復元的整備」を新定義。従来の忠実な「復元」と区別。バリアフリー対応のために、一部を変更することもOKに。

さて、どこのお城が第一号になるか..乞うご期待。いや、トトカルチョ?
■日経新聞(4/17)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO58202690X10C20A4CR8000/

|

« さようなら中田島砂丘 | トップページ | 図書館まで »

コメント

▼某掛川市民さん
(耐震性の問題から)建替えが必要な昭和天守も含んでいることもポイントと思います。となると、愛知のお城が最有力でしょうか?

投稿: kokky | 2020/04/19 18:22

とりあえずオゼぜが集められるところからやるでしょうね。
考えられるのは鶴岡、米沢、高崎、水戸、津山、鳥取、米子、髙松って
とこじゃないですか。写真が残っている所は強そうです。

しかしこのコロナの関係で軒並み博物館が閉鎖されて
石垣のみが整備されている公園状態のところとか、山城ぐらいしか
ないですな。

もっとも知事さんは出歩いてくれるなと言っているので、
なんともならんです。

投稿: 某掛川市民 | 2020/04/19 17:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« さようなら中田島砂丘 | トップページ | 図書館まで »