« いい日夜立ち | トップページ | 虎口1発KO@原城 »

2019/07/15

どこかで見たような@島原城

190728__584初感は岸和田城
南面の石垣は大阪城っぽくあり、
姫路っぽくもあり。
高石垣は伊賀上野城。

まるで全国お城博覧会な状態。

唯一ここだけというと、天守直下にクルマを駐車できることかな

写真:手前の駐車スペースで車泊できます(事前予約が必要。1500W ACコンセント付)

行程:
壇之浦PA:関門橋と門司城
朝日山城(車窓)
永昌代官所 ★☆☆☆☆:石碑のみ
諫早城(車窓)
神代城 ★★☆☆☆:夏のブッシュで横堀まで
鍋島家住宅 ★★☆☆☆:かまぼこ石垣は必見。駆け足が残念。
島原城 ★★★★☆
武家屋敷:道の中央に清流が流れる一本道
水都(すいと):かんざらしを食べよう→こちら
浜の城 ★☆☆☆☆:石碑のみ
原城温泉 熱さが夏にぴったりなお湯

夜行バス-特急かもめ-島原鉄道-レンタカー

|

« いい日夜立ち | トップページ | 虎口1発KO@原城 »

コメント

▼某掛川市民さん
そうでした。二の丸-本丸の構造にも触れないと。
豊臣大坂城を連想する廊下橋だけでなく、堀底がゲートボール1面分な堀幅、鏡石として巨石を配した石垣、島原市文化会館を飲みこむ二の丸の面積と、圧巻、あっかんな構造です。全国「本丸-二の丸構造」部門では、広島城を超えて第一位では(笑

これに、長方形の帯郭構造が加わるった島原城の姿は、有明海から臨むとあたかも巨大戦艦のようなだったのでは想像しました(類例 鳥羽城)。翌日の島原→熊本のフェリーからは拝めませんでしたけど。

松倉さんは、豊臣氏滅亡後の1620年代になぜこんな巨大な城を築く必要があったのか? 単なる「城マニア」だけではない気がしてなりません。

投稿: kokky | 2019/08/03 06:25

二の丸・本丸の構造が落とせる廊下橋と土橋の違いはありますが
豊臣期の大阪城の本丸奥御殿部と表御殿部との構造に類似しているという
指摘があります。本丸・二の丸も単純な縄張りでは無く大坂城同様
帯郭等の存在があることも、緊迫した状況を感じさせるものでしょう

投稿: 某掛川市民 | 2019/08/02 23:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いい日夜立ち | トップページ | 虎口1発KO@原城 »