« 桜@久野城 | トップページ | もう笑うしかない@篠脇城 »

2017/04/17

登石垣@米子城

どの部分だろう。行くべし。

■米子市
http://www.city.yonago.lg.jp/dd.aspx?menuid=21614

|

« 桜@久野城 | トップページ | もう笑うしかない@篠脇城 »

コメント

▼某掛川市民さん
やはり海側からの侵入を防ぐ意図だったのでしょうね>登り石垣。
今回、全国で5例目と紹介されていますが、
これまでの事例は
「彦根城(滋賀県)」「洲本城(兵庫県)」「松山城(愛媛県)」、もうひとつは「竹田城(兵庫県)」でよいのかな?

投稿: こっきぃ | 2017/04/23 19:08

でもう一つ書くと
登り石垣が吉川氏の時代のものだとすると、内膳丸も中村氏の頃につくられたものではなく、それ以前に作られたものであると言えそうです。

投稿: 某掛川市民 | 2017/04/23 18:10

内膳丸と山頂本丸部の遠見櫓を結ぶ「三十間」と書かれている山峰部にあるところです。
http://digital-museum.pref.tottori.jp/contents/jin403_detail.asp?cd=00049

実はワシの実家の近くなので幼少期からよく上っていました。登り石垣の件であまり注目されていませんが。本丸南に水手郭があります。今は事実上袋小路みたいになっていますが、その下に図面通りに二段に及ぶ郭が発見されました。その下の深浦郭の連携性から、深浦郭の重要性と登り石垣の意味が理解できると思うんですわ。

投稿: 某掛川市民 | 2017/04/23 18:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 桜@久野城 | トップページ | もう笑うしかない@篠脇城 »