« 熊本城を応援しよう | トップページ | 算木積@熊本城 »

2016/04/16

岡崎城跡菅生川端石垣調査 現地説明会

160417__5803発見された石垣は 高さ5mx長さ400m=2,000m2で、約10億円の埋蔵金を見つけたことになるそうで(笑

寛永~正保元(1644)に築かれた菅生川端石垣。同一の石垣ラインが400m続くのは日本最長。また、石垣の途中3ヶ所の横矢桝形(*)は、約100mの間隔で設けられているが、これは鉄砲の殺傷能力(50~60m)を考慮したもの。
以上が三浦せんせのお話。

岡崎城の魅力が、一つ増えました。

(*) 旧来の横矢+櫓セットだったが、櫓の維持費が不要になる等の理由で、旧17C中期以降に多様された。

[写真] 対岸から撮影。右端の松の木から左端までが約300m。石垣の露出部分が高さ2m、河川敷の地表~水面までが約2mなので、5mの石垣が連なる壮観な姿はおおよそ想像できるだしょう。

|

« 熊本城を応援しよう | トップページ | 算木積@熊本城 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 熊本城を応援しよう | トップページ | 算木積@熊本城 »