« シンデレラ城で挙式を | トップページ | 浜松城公園周辺のまちづくり研究成果発表会 »

2012/03/24

上ノ郷城跡発掘調査速報展(蒲郡市)

120325_1819模型さんに会えて、ヨカッタ。

平成19(2007年)から6次にわたる発掘調査が行われている上ノ郷城。精力的な調査ゆえ、調査範囲が本郭のほぼ全域、および周辺部も広範囲に及んでいる。今回の展示会は、全体像を理解するには絶好の機会だ。

# 発掘調査の記事はこちら → 第3次第5次第6次

展示スペースは、蒲郡市博物館の一角のみ。決して広いスペースではないが、出土品が多数展示。語り草な鉄砲玉も当然あったが、小皿が多数出土していることに興味をもった(落城時に廃棄?)。あと、キレイ状態の天目茶碗も印象的だった。

そしてお目当ての上ノ郷城の大型模型。約1/60スケールなので、なかなかの存在感。本郭周辺の全体像、そして現地で体感する高低差をうまく表現している。また明るい色調もいいね。ただ、建物の推測復元はちょっと頑張りすぎ?て、ちょっと密集しすぎな(複数の時代が重なっている)印象。そして、「石敷き構造」がナゾな虎口に関しては、ちょっと控えめな推測に留めた感じでザンネン(大手門の推測建物のせい?)

今日は母さんとしんちゃんと一緒だったので、帰りに上ノ郷城に立ち寄って、展示のイメージを膨らませる計画だった。でも、往路の「たった10mの道路工事渋滞」(*)で時間がなくなり断念。蒲郡滞在30分のみで帰路へ。帰宅したら、カゼひき留守番のふぅちゃんは、お昼寝中でした。

(*) 帰路に計ったら、渋滞は約2km。行き30分に対し、帰りは5分だった。ちなみに、浜松~蒲郡はR23バイパスのおかげで90分!なので、この渋滞は痛かった。

|

« シンデレラ城で挙式を | トップページ | 浜松城公園周辺のまちづくり研究成果発表会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シンデレラ城で挙式を | トップページ | 浜松城公園周辺のまちづくり研究成果発表会 »