« 今朝の会話 | トップページ | 石垣積直し中@駿府城 »

2011/08/10

日本の城ポケット図鑑

110811_0698しんちゃんへの誕生日プレゼントです。父さんの”おふる”ですが、本を見つけてはパラパラ眺めていましたので。(しんちゃんは、自称”建物派”)

この本。お城関係としては、かなり初期(ひょっとすると最初?)に購入した本です。15年くらい前かな、たまたま市内図書館で見つけて、その内容にゾッコンLOVE。ぜひ手元におきたい と思うが、なかなか本屋さんには置いていない(まだ、本屋さんで本を予約して買うほどの気合なし。ネットで本を買えることもしらんかったし)。数ヶ月間、本屋さんを探し回り、ようやく近所の本屋さんの片隅で発見。宝物との再会した喜びと一緒にレジに向かったことは、今でも忘れません。

ポケットサイズながら、全国165城(!)の歴史、見所を紹介。ふんだんに掲載された写真はすべてフルカラーは、かなり驚き。近世城郭中心の構成だが、竹田城もちゃんと載っている(*1)。さらに、最寄鉄道駅も記載されていて、攻城計画にも活用していました。

チョット前、「好きなお城は?」と尋ねたら、安土城の天守復元図を指差した しんちゃん。これからも、父さんと一緒にお城へ行こうね。

(*1) 当時は、竹田城が掲載されているかで、本の「お城度」を判断していました(今では”聖地”と言われる存在ですけどね)

【書籍】
日本の城 ポケット図鑑 (主婦の友生活シリーズ)
西ヶ谷恭弘 著、 オリジン社発行、1995年、1,359円(税別)

|

« 今朝の会話 | トップページ | 石垣積直し中@駿府城 »

コメント

▼けんけんさん
いつも情報ありがとうございます。
著書・論文の一覧を見ると、久保田先生は戦国期の東海・関東地方に関し、精力的に研究されている方ですね。機会があれば、読んでみたいと思います。

美術館のイベントは楽しみです。

投稿: こっきぃ | 2011/08/21 00:56

けんけんです。
今日、徳川塾の3回目がありました。
講師は駒沢大学教授の久保田昌希先生。
「浜松在城期の徳川家康~家忠日記からみた家康と浜松ゆかりの人」
というタイトルでした。
内容はともかくその他にも、
・先生自身が最近、家忠日記についての著書を出したばかり
・家忠日記は駒沢大学図書館のアーカイブで見ることができる
 (確かにありました)
・12/3~1/9に浜松市美術館で「戦国の覇者~徳川家康と浜松展」が
 行われるが、家忠日記の一部が公開されるらしい
といった情報が得られました。

投稿: けんけん | 2011/08/20 18:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今朝の会話 | トップページ | 石垣積直し中@駿府城 »