« お城ニュース(6/17号) | トップページ | [園芸]今日の作業 »

2011/06/18

ぎょう虫退治

110619_7991でけーぞ、この薬!

うれしはずかしの ぎょう虫検査。なんとも懐かしいヒビキだが、なんと しんちゃんが陽性反応。「いまどき、まだいたんだぁ~」とミョウな再会気分。

# 父さんの小さい頃(特に低学年)は、クラスで数人見つかるので慣れっこ。一方、母さんはそういう経験がなかったとらしく、ちと慌てていた。地域によって差があるのかな?

で、さっそく退治。どうやるのかと思ったら、家族全員で退治薬を飲むという。しかも、一斉に。お医者さんの話では
「寝ている間に寝具を経由して、家族間で卵が移動するケースがある」とのこと。つまり、「一人が寄生していたら、同じ家族にもいる可能性も。だから、退治はみんなでやりましょう」ということだ。

# 家族分の薬は、保険証をもっていけばお医者さんでくれる。だから、最初に受診するとき、家族全員の保険証を持参するとよい。(これを知らなかった我が家は、二度手間となった)

夕食後、
ふぅ: みんなで『同時』に薬をのもう!
となり、くすり(大人:5錠、小人:2錠)と水がテーブルに並べられる。
母さんは用事中だったので、残りの3人でカウントダウン開始。
「サン、ニ、イチ...(ゴクン)!」

一斉に全錠剤を口にいれる。これが失敗。なにせ、直径10mm近くある錠剤。飲み込むのがひと苦労。父さん、ふぅちゃんは何とかなったが、しんちゃんは、噴出してしまう。
母: やっぱり、一錠ずつ飲みましょう
のひとことに、残り三人もナットクです。

# しんちゃんも、一錠ずつなら、なんとか飲めました。

【この後】
翌日:虫下しされ、排便される
二・三日後:しんちゃん、ぎょう虫再検査
五日後:再検査の結果判明→陰性ならおしまい

となります。無菌的な現代で、ある意味、貴重な体験だな。
---
[6/19 メモ]
朝目覚めるとおなかがゴロゴロ。ただいま、虫下し中(^^;

|

« お城ニュース(6/17号) | トップページ | [園芸]今日の作業 »

コメント

▼ 某掛川市民さん
いまもこのタイプの検査薬ですね。昔とかわらず..

投稿: こっきぃ | 2011/06/21 05:45

昔尻に貼る検査紙でポキールというのがありました。

投稿: 某掛川市民 | 2011/06/20 21:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お城ニュース(6/17号) | トップページ | [園芸]今日の作業 »