« 浜松⇒浜松! | トップページ | 松本旅行(2) »

2011/01/22

松本旅行(1)

110202_2974家族で「現存12天守制覇ツアー」開始。きっかけは、ドラえん屋さんの配膳待ちでの会話でした。記念すべき第一弾は松本城。雪をいだいた北アルプスと黒い松本城。父ちゃん一押しシチュエーションを求めて、バカ寒い冬に出撃です6^^9。

・難航したルート決め
これが今回一番たいへんでした。浜松から松本まではほぼ真北にあがるだけ。2日目は松本市内観光として、1日目はどうする? 第一感は妻籠・馬籠だが、子どもはあきちゃうな。諏訪湖..何があるの? じゃ、ルートを変えて、長野新幹線で善光寺..ちと大回り。すったもんだもありましたが、大穴の「身延線経由」で決着しました。

# 参考 浜松→松本
・浜松-名古屋-松本 297.0km
・浜松-富士-甲府-松本 300.6km
・浜松-東京-新宿-松本 492.5km
・浜松-東京-長野-松本 542.4km

# 飯田線経由(浜松-豊橋-辰野-松本)は263.7kmで最短。一応、一日電車に乗っていればたどり着けますが、しょっぱなに却下しました(大笑

・ワイドビューふじかわ
富士駅でスイッチバックするので、静岡発時の座席は進行方向に反対向き。身延線での富士山をねらい、座席を選んだはずが、勘違いして逆側。静岡発時でガンダム側(山側)に座りましょう。沖縄旅行と同様、UNO大会で盛り上がる(しんちゃんのカード捨て方がすばらしい)

・小作(ほうとう)
ちょうどお昼に甲府駅着。ゆえに、ほうとうを食べようというのが身延線経由の理由でした。お店は駅の南よ...5年前の甲府電撃戦の記憶はまったくあてにならず(詳細は別途)

凸 甲府城
躑躅ヶ崎館へのバスに間に合わなかったので、第二候補だった甲府城へ。冬の青空はいいね、天守台から富士山がキレイ。ああ、鉄門の工事はこれなのね。あれ、しんちゃんは天守台の石垣にへばりついているぞ。そして、なんで本郭で「はじめの一歩」を家族全員でせないかんの?>ふぅちゃん

# 甲府城の石垣はやっぱりイイね。どっしりとした安心感と日本刀のような繊細美が調和していると思います。
【遺 構】櫓、曲輪、石垣、水堀、虎口
【満足度】★★★★☆

・あずさ
歌は狩人..でもこれは17号よ(爆。桔梗信玄餅をつまみながら、車窓に映る富士山や八ヶ岳を楽しみます。

・諏訪湖(1)
出発朝、ネットで”全面凍結”の情報があったので、上諏訪駅で急きょ途中下車。駅からとぼとぼ徒歩10分。一部ゆるんでいる部分はあったものの、湖がぜんぶ凍っている! モニュメント越しの光景に、純粋に大笑いの父ちゃん。

・諏訪湖(2)
一方のふぅちゃんは、公園の片隅にあった残雪で雪合戦でおおはしゃぎ。キレイだったし、パウダー状で痛くない。楽しいのだけど、父さんは高島城への未練を抱えたままでした(ゴメン)

・足湯
上諏訪駅の本来の目的はこれ。駅構内(1番ホーム)の階段横にあるんです。ホーム利用客からも見えるので、ちょっとハズカシさもあるけど、それも最初だけ。やや熱めのお湯に足をつけると、体中が暖かくなるとともにすっきり感も。母ちゃんは大満足。子ども達も喜んでおりました。

・松本ホテル花月
家族4人が同室(しかも和室(^^))。おっきいお風呂もある。料理がうまい(*)。しかも、松本城がみえる!(最重要)..と、満点笑みな父さん。部屋の廊下が”うぐいす張り”だったのは、アイキョウですね。
(*) 鱒の甘露煮や馬刺しなど

[写真] 「忍者の修行」とのこと(しんちゃん@甲府城)
# 明日は松本城へ..つづく

|

« 浜松⇒浜松! | トップページ | 松本旅行(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 浜松⇒浜松! | トップページ | 松本旅行(2) »