« 武将観光 明と暗 | トップページ | おのぼりさん になる »

2010/09/17

中山砦 現地説明会(新城市)

100918_018723_2「ブッシュドノエルに取り付いた蟻んこ」になりました(大笑)
前日にブツブツ独り言したおかげか、「子守してくれるならいいよ」(母ちゃん)ということで、この現説会へ駆けつけることができました。[9/12開催]

100918_028661_2[10:50]
説明会が始まるまで、発掘調査の写真や出土品の展示を見学。中山砦の歴史ですが、天正元(1572年)徳川家康による長篠城攻めで築かれたとされます。そして天正三(1574年)の長篠合戦では、武田軍が乗本五砦(写真の黄色丸印)の一つとなりました。[写真は、説明会展示室の空撮写真。赤線が第二東名]

100918_038663展示室での注目は、事前に報道されている鉄製やじり(写真 右側・白いほう)。ひし方状の矢先が短いのが特徴で、朝日西遺跡(清洲市)から出土したもの(写真 左側・黒いほう)と似ているということで、時代推定(16世紀末頃)をしています。
# でも一番の感想は「小屋のクーラーがここちよかったこと」。(なにせ、この日の新城は、最高気温 35.4℃!)

100918_408676[11:00]
砦の麓で説明会。100人くらいかな。地元の方が多かったと思います。第二東名の建設で、遺構が消滅してしまうまず説明。同様の運命をたどった片瀬城(森町)が脳裏をよぎります。工事が完成すると、現代的な建造物(鳳来トンネルと豊川橋)へ姿が大きく変わります。
# なにせ、日なたは暑い! 話の最初っからヘタレこんでいた、子ども達。

100918_058685[11:40]
砦の西側を特設の急勾配階段で登って10分。発掘現場が見えてきます。ここで、全員ヘルメットを装着。工事現場という理由でしょうか。開催の案内文にあった『通学用ヘルメットなどを持参して頂ければ幸いです。』は本当でした。
# 我が家も、myメットを持参(^^)

100918_068698[11:50]
検出された遺構は、砦東側に土塁(堀底からの高さ2m)、堀切(V字型、幅4m)。そして、堀切の底部に井戸(直径1.75m)だけ。土塁・堀切は、天神山方面からの侵入を防ぎます。暑い中、しかも急斜面にも関わらず、解説を行っていたが、のんびり登っていたため、話半分でした。ごめんなさい。

100918_078735[12:00]
砦西側に戻り、東側を振り返ります。発掘現場は、土色ケーキに根っこのトッピング状態。細尾根でずっと傾斜があるため、平場らしい部分は感じられません。

ただし、砦からの景観はバツグン! 純粋には、青い空に、濃緑な木々、黄緑の田んぼ、そして砦の土の色 の美しさ。軍事的には、長篠城を丸裸に見下ろす爽快感さ(『長篠合戦図屏風』で描かれる長篠城そのもの)。すべてが凝縮されたのが、冒頭の写真です。(赤矢印が長篠城)

100918_088730おまけに、ここに立つとワイドビュー伊那路(特急)が鉄道模型になっちゃっいます。
(工場がある山を越えると、決戦場となった設楽原へ)

100918_098739[12:10]
帰路は、北側の調査区を眺めながら谷地を下ります。北側の調査区では明確な遺構・出土品はなかったとのこと。

# 帰宅後、「愛知県中世城館跡調査報告III」で復習すると、北側の調査区の西側(長篠城側)にL字状の土塁が記されている。中山砦の北側と南側で、土塁の使い方が異なる点は気になるところだが、それ以上にあらゆる尾根に取り付いて長篠城を脅かした武田軍の執念、いや怨念? がコワイ

100918_108746[12:15]
駐車場にもどり、流れ解散。もう一度振り返り、砦を見上げる。まぶしい青空に輝く土色の発掘現場。もう二度と見ることができない姿ゆえ、しっかり眼に焼き付けておこう。

# ゆかえもん さんのリクエストにお答えして、写真満載でお送りしました(^^)

|

« 武将観光 明と暗 | トップページ | おのぼりさん になる »

コメント

▼ゆかえもん さん
11月のウォーキングがアナウンスされていますが、現説会のように砦に登ることができればよいなと思います。砦からのバツグンの眺望は、実際に見ていただくのが一番ですから。

投稿: こっきぃ | 2010/09/23 10:08

写真のアップ たくさんしていただいてありがとうございます!
11月に中山砦を含む 長篠周辺のウォーキングがあるそうです。
しかし 砦が工事現場であることに変わりないので 今回の
説明会のように すべての遺構を見せてもらえないと思うので
やっぱり現説に行きたかったです~(´・ω・`)

投稿: ゆかえもん | 2010/09/23 09:51

▼けんけんさん
>設楽原方面の写真
実はこの記事を書いていたとき、「設楽原はみえるのかな?」と疑問に思いました。地図を眺めると工場の高台の延長線であることがわかり、手持ちの写真を探してみると...鉄な一枚だけでした(笑)

投稿: こっきぃ | 2010/09/21 05:14

暑かったですね。
それにしても、道路工事に伴うものなので仕方ないとしても、
説明が長い!(笑)

プレハブ小屋に行った時には、まだ冒頭の航空写真が貼り出されて
いなかったのでした。これはいい写真ですね。
それと、設楽原方面の写真を撮り忘れてたことに気づきました。
もう撮れませんね。

終了後は、鳥居強右衛門の磔刑地から中山砦を写真におさめて
帰りました。

投稿: けんけん | 2010/09/18 21:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 武将観光 明と暗 | トップページ | おのぼりさん になる »