« 講演会「城から見る桃山という時代」 | トップページ | いいのか、わるいのか »

2010/09/26

ボウリング

子どもたちのリクエストで、買い物ついでに。家族で来たのは2回目だ。

今日は、バンパーなしでやると言った ふぅちゃん。2投だけであえなく断念。しかし、自分なりに投げ方を気にしていたので、少し教えたあげたら、真っすぐボールが転がるようになった(ただし3回に1回(^^;)

一方のしんちゃん。両手投げながら、意外と球筋はいい。おおよそルールも分かっているようで、楽しそうに投げている。しかも、2ゲームやっても疲れ知らず。予想外の3ゲーム目に突入(*1)。元気なもんだ。

そして、父ちゃん。相変わらずのへたくそ(1ゲーム目=90)状態なのだが、ふぅちゃんに投げ方を教えていたら、自分の助走も変えてみようとふと思いつく。4歩助走(右足→左→右→左)から1+4歩助走(小さく左足→右足→左→右→左)に替えてみたら、これがいい感じ。3ゲーム目はトリさん登場で178。ひさびさ大満足。

ところで、母ちゃんはどうしたって? 正解は、アンマで”もみもみ”してもらっていました(いろいろタイヘンなようで..)
(*1) 2ゲームも3ゲームも同じ料金というからね。つい貧乏性(笑)

|

« 講演会「城から見る桃山という時代」 | トップページ | いいのか、わるいのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 講演会「城から見る桃山という時代」 | トップページ | いいのか、わるいのか »