« 特別展 遠江二俣城 | トップページ | 立寄り攻城(二俣) »

2007/08/18

うなぎ大嶋(浜松市)

070819__img_3189夏休みに美味しいものを食べよう! と約束していたので、看板が気になっていた近所のうなぎ屋さんへ。ただ、到着が遅れたので、外で順番待ち。しりとり、じゃんけんコチョコチョ..持ちネタが尽きて、お店の周りをぐる~と一周(×2回)。お腹をすかせた子供たちを待たせるのも、一苦労だ(笑

きれいな店内で、注文した品が出てくるのを待つ。
1) ウナギの骨揚げ(お通し)
→ほんのり甘味。イイ感じだが、父ちゃんは2本だけ
2) うざく(鰻ときゅうりの酢和え)
→蒲焼きの甘タレと酢が絶妙に合う。これもイイネだが、父チャンは1口だけ
3) 肝焼き
→ やや苦味ある味。大人の味ゆえ、これこそのはずが、子供たちもしっかり1/4を完食(しんちゃん は、大苦に当たって黙ってしまったが..)

..とまぁ、ビールのつまみのはずが、子供たちが大半を平らげてしまう。困ったもんだ(笑

で、お待ちかねの うな丼が登場! まず子供たちの分からとりわけを..と始めると、うなぎの柔らかさにビックリ! お箸でつまんだだけで、身がほぐれてしまうほど..実際に食べてみても、ふっくら、やわらか。さすが、「幻のうなぎ」(共水うなぎ)と銘打つだけのことはある。

タレも”かろやかな甘さ”で、我が家好み。子供たちも、何度もオカワリしていました(特に ふぅちゃん)。+200円の「ごはん大盛」効果もあり、みんな満腹さんになりました。

帰り道、
父) 茶色のうなぎと白いうなぎ、どっちが美味しかった?
ふぅ) 茶色のうなぎ
しん)白いうなぎぃ~

と会話しながら、ニッコリさんで帰宅しました。

[うなぎ指数] ★★★★☆ (全身柔らかなウナギは、かんたろう と対極かな。)
[写真] うな丼(特)+ご飯大盛・・うなぎは3枚デス

|

« 特別展 遠江二俣城 | トップページ | 立寄り攻城(二俣) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: うなぎ大嶋(浜松市):

« 特別展 遠江二俣城 | トップページ | 立寄り攻城(二俣) »