« エビス黒 | トップページ | 図説 茨城の城郭 »

2006/12/20

愛好家が新城郭を発見?

秩父でアマチュア研究家が、新しい城郭を発見した。地元の会合での話から現地調査し、平場と堀切を発見。専門家の鑑定の結果、城館跡と認められたとのこと。天体観測の新星発見と同様に、発見者は「贄川城」と名づけた。

このように、古文書や伝承、あるいは地形判断によって新しいお城探している人は、全国に結構いらっしゃる。そして、「新城発見」の話を聞くたび、頭あがらないなと感心する、こっきぃ。だって、古文書なんて文字すらわからないし、縄張図を書くほどの我慢強さもないし..。

でもね、こっきぃ は、お城が大好き。所詮、「お城であること」がわかっているお城をめぐっても、それが幸せに感じるのだから。

地道な研究を続ける方々に感謝をしつつ、またお城に行きたくなるのでした。

[出典] 中日新聞(12/20)
http://www.tokyo-np.co.jp/00/stm/20061220/lcl_____stm_____002.shtml

|

« エビス黒 | トップページ | 図説 茨城の城郭 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 愛好家が新城郭を発見?:

« エビス黒 | トップページ | 図説 茨城の城郭 »