« 「ただいまおかけになった電話は.. | トップページ | 誕生日おめでとう »

2006/08/05

天守からの花火は

060806_11_mvi_6709遠州地方は、花火が盛んな地域。夏の週末は、「ド~ン」とどこかで花火大会の音が聞こえてきます。そのなかで、袋井の花火大会は、歴史は浅いものの、規模は約3万発。全国屈指の花火大会です。

その花火大会を、今年はお城から見物..それも、掛川城・天守から眺めることに。今年は、大河イベントで天守入城が夜間延長されている話を聞いた瞬間から、「天守観覧」を楽しみにしていたのです。

家族そろっての出陣。運良く、電車の座席も確保できた。途中、花火会場に陣取った観客の人数に思わず車内に歓声が。掛川に到着したときには、薄暗くなり始め、急いで掛川城に向かいます。

7時を過ぎ、花火がスタート。「ド-ン、パチパチ」と音は聞こえるものの、城に植えられた高木にさえぎられ、意外と見えない。やはり、天守に登らねば..

天守内の急な階段さえ、自分の足で登りたがるしんちゃんは見捨てて、ふぅちゃんと二人、天守・最上階へ。お客は約20名ほど。みんなが眺める、西側のまどの先には..あッ、花火だ(^^)

風が弱いため、大玉以外は煙のなか。それでも掛川市内の夜景の背後に打ちあがる花火は、ちょっと嗜好が違います。子ども達は最前列の場所を譲ってもらい、キャーワー、好きなことを言っていました。

ところで、忘れていけないのが、掛川城・天守から鹿島の花火大会も見物できたこと。鹿島の花火(こっきぃ は当地一押しの花火)の会場は、二俣城・鳥羽山城のすぐ南側。つまり、徳川・武田の境目の城となる両城が、のろし技術をつかえば連絡が可能だったことを、花火で確認できました。

> 母ちゃんへ
階段好きのしんちゃん、天守2階の広間で走り回る子ども達の世話を押し付け(こっきぃはひとり花火見物)、一番楽しみにしていた電車から眺めるフィナーレの時間にも間に合わず。ごめんなさい。

|

« 「ただいまおかけになった電話は.. | トップページ | 誕生日おめでとう »

コメント

▼ けんけん さん
のろし駅伝は、琵琶湖周辺の恒例イベントになっていますね。
静岡では...
ありゃ、「第24回国民文化祭・しずおか2009」なる提案イベントで、
静岡県横断ののろしリレーが提案されているゾ。
実現したら、こりゃ、ビックリだ。

投稿: こっきぃ | 2006/08/09 21:58

しまった。出遅れた。

掛川城-二俣城間の狼煙伝達、まさかそれを狙って同じ日に
やったわけじゃないですよね。きっと。
城ファンとしては実地検証(笑)したかったです。
他県(あれ、県内だったっけ)では狼煙伝達実験をやった
ところもありますしね。

投稿: けんけん | 2006/08/09 08:15

▼ KAI さん
天守のバックに花火の構図を期待していましたが、
ちょっと距離がありすぎました(^^;

夜討っすか?
夜景のなかに、ちっちゃいけれど、
車内灯がついた新幹線が”スリーナイン”状態で
走っていくのがステキですよ。

でも、19時以降にならないと拝めません。
なんなら、お泊りしてけば?(と、そそのかす)

投稿: こっきぃ | 2006/08/07 23:57

あっ、そういうことだったのね(^^ゞ
前の記事(7/1)も読んでませんでした。

夜間開放から花火に思い至るとは天晴れです。

もう花火は無理だけど、掛川城に夜討ちをかけたくなってきました(^^)

投稿: KAI | 2006/08/07 23:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天守からの花火は:

« 「ただいまおかけになった電話は.. | トップページ | 誕生日おめでとう »