« 戸倉城(清水町) | トップページ | 浜松まつり~夜の接待 »

2006/05/04

浜松まつり~初凧

060509__p5040021大空へ、高くアガレ。凧と激ねりの”浜松まつり”の2日目。いよいよ、しんちゃんの初だこの出番です(糸目付けの様子は、こちら)。

起床したときは風がほとんどなく心配していましたが、会場についてみると素人にも程よいと感じる風が吹いている。町の人に聞いてみると「問題ナシ」のひと言。一昨年のふぅちゃんの時には、2日に渡って苦労して何とか揚がった経験があるので、少し安心。

凧の前で記念撮影をして、あとはタイミングを待つだけ。「さて上手にあがるかな」とワクワク感と不安感が交差する、このひと時が心地よい。

あがった!-凧が空に放たれると、揚げ手の巧みな糸さばきで、みるみるうちに高い空へ。ヤッタッというよりも、(簡単にあがってしまってアリャ?)って感じでした。このあとは、バンザイと激ねりのお決まりコース。凧糸をひとりで持たされた施主(こっきぃ)は肩車状態で激ねりの中へ。これが気持ちいいんだな。遅れて、嫁さん、しんちゃん&ふぅちゃんも輪の中へ合流です。

凧合戦していい?-町の人からの誘いで、他の町の凧と糸きり合戦に挑む。糸をからめ、掛け声とともに十数人が、糸をひっぱったり、送り出したりを繰り返す。しかしながら、しんちゃんの凧はクルクルと落下してしまった(^^;

凧が痛んでないから、もう一度揚げくれると、本日は大サービスだ。二度目も難なくあがり、嫁さんや両親のじいじも凧糸をもって記念撮影。凧にひっぱられる感触を家族にも感じてほしいと思っていただけに、この計らいはうれしかった。

再度、凧合戦へ突入。一回目と同様に、糸を出したり引いたり。最初はイイ感じだったが、途中から大空の凧の挙動がアレレ? ・・・どうも、糸が他の凧と複雑に絡まってしまい、操縦不能のようだ。結局、糸が切られるのをまち、凧が落下するのを見届けてオシマイです。

[写真] 大空に舞うしんちゃんの初凧。青空にピタッととまる凧の姿に、こどもの健やかな成長を祈るのでした。

|

« 戸倉城(清水町) | トップページ | 浜松まつり~夜の接待 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浜松まつり~初凧:

« 戸倉城(清水町) | トップページ | 浜松まつり~夜の接待 »