« マッチョ通りに活気を再び | トップページ | 石塔160個の四脚門? »

2006/03/05

興国寺城現地説明会

060306___img_4086平成12年度から続く発掘調査ですが、ようやく現地説明会に参加できました。過去の発掘成果の話を聞くたびに、1回くらいは自分も参加してみたいと思っていましたが、何かしら用事があったり(今回も出張予定が、キャンセルになっただけ)、交通の便が悪かったり(浜松からではチト遠い)で行けずジマイでした。

そういう意味で今回はチャンス。しかし、春めく陽気に”単騎駆け”のお許しが出るわけもなし。粘り強く交渉を重ね、「久能山のイチゴ狩り」とセットすることで、母ちゃん&子どもたちのお許しを得たのであります。(つまり、家族全員で現地説明会へ 参加(笑
---
現説会の内容は、つぎの3点です。
1) 本丸から石敷きの排水溝を確認
2) 本丸東側の石火矢台付近で、土塁および土塁の建造過程を確認
3) 本丸-二の丸間の空堀(堀底から石火矢台まで高さ11m、堀幅13mのビッグさ)を確認

想像より発掘範囲が広く、また掘り下げた規模も大きく( 2)石火矢台付近は、地下迷宮みたいだった)てビックリ。3) の空堀の底に降りると、石火矢台などの土塁に囲まれ、まるで石垣山城の井戸曲輪のような圧倒感デス。

ところが、説明員が丁寧に説明してくれているものの、話に「??」の連続の こっきぃ。とくに石火矢台の付近は、トレンチ断面に堆積(あるいはハンチク)の様子は理解したものの、その意味が理解できない。母ちゃんが、ふぅ&しんちゃん のお守りに専念(二人抱えて天守台から大空堀方向へ降りたというから、脱帽モノ)してもらっていたのにも関わらず、このアリサマじゃ、情けない ><;
---
説明会が終了した後、これまで未見学だった、天守台~大堀切~外曲輪へ。実は、盛夏に訪れた3年前は、天守台石垣付近でハチ飛来によって、退却しておりましたので(笑)。

空堀の美しい弧に見とれつつ、土木量の凄さに驚愕。こりゃ、イイモノだと感激していたら、ふう&しんちゃんは、外曲輪で土遊びを開始。その夢中ぶりは父ちゃんの空堀撮影を越えていた。そのスキに、外曲輪を隅々まで走り回ってしまゥ 6^^9

予定時間を大幅オーバーしてしまったが、みんな大笑いで帰宅の途に着きました。
[写真:西櫓台から発掘現場を見下ろす(手前が1)本丸、奥が2)石火矢台)。赤矢印は石敷きの排水溝]

#(3/19) イチゴ狩りの模様は、母ちゃんHPの日記コーナーにもアップされました。(母ちゃんHP-気まぐれ日記ーふぅとちいたんの日記 とたどってくだされ。

|

« マッチョ通りに活気を再び | トップページ | 石塔160個の四脚門? »

コメント

▼美音さん
平成22年度は三の丸が発掘対象でしたね。
今後も継続して調査が進められるようなので、楽しみですね。

投稿: こっきぃ | 2011/08/11 18:06

(o・ω・)ノ))うちも行きました。bleah
何かすごかったですね。c(>ω<)ゞ
また会ったら行ってみたいです。happy02scissors
☆*:;;;;;;:*☆*:;;;バイバイ;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:

投稿: 美音 | 2011/08/11 11:36

▼ けんけん さん
現在の地表面と当時の地表面が違いすぎるのが理解不良を招いた一因です。現説会でも絵図をベースに説明していましたから、絵図を見れば多少は理解できるようになるかな。

航空写真は、のんびりしていたため時間ぎれでした。田中城もそうですが、米軍が戦後に撮影した航空写真は、貴重ですね。ご存知かもしれませんが、70年以降であれば国土交通省の「国土情報ウェブマッピング」で、過去の航空写真をWebで閲覧することができます。かなり重いサイトですが、感激モノですヨ。

投稿: こっきぃ | 2006/03/07 19:49

お疲れさまでした。(二重の意味で(笑))

石火矢台の北半分があんなに深く掘らないと当時の地面に出ないことに
最初理解できませんでしたが、本丸のレベルを思い出し、納得しました。
トレンチの断面などから推定される構造(高低差など)は、説明を聞いた
だけではわかりませんでしたが、絵図を見るとなんとなくわかるような
気もします。
本当の石火矢台はあの平らな区画のうちの南半分のようですね。
ただ、本丸東土塁の東側を廻りこむ道が現在の高さレベルだった
とすると、本丸とほぼ同レベルの高さからその高さまでよじ登らざる
を得ないですが、絵図からはわかりません。
あの道は後世のものですかね。
伝東船着場に下りていく道は当時からあったでしょうけど。
う~ん。

そうそう、航空写真と絵図はご覧になられましたか?
特に米軍が撮影した写真はなかなかでした。
絵図は「沼津市史」に載っているやつだそうですが、諸国古城絵図(でし
たっけ)に載っているのとは微妙に違います。(書き込み部分だけかも
しれませんが)
ともかく全部デジカメで撮ってきました。

あと、ちえぞーさんとかもいらしていたようですね。
後で掲示板を見て知ったのですけど。(初めてその掲示板見ました)
同じ時間帯ですよね。きっと。
あの中にいらしたのかな。

投稿: けんけん | 2006/03/07 17:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87092/8973948

この記事へのトラックバック一覧です: 興国寺城現地説明会:

« マッチョ通りに活気を再び | トップページ | 石塔160個の四脚門? »