« 喜代娘(鈴鹿市) | トップページ | 宮島の砲台跡で観察会 »

2006/01/26

戦国の堅城II

中世城郭を機能的、かつビジュアル的に復元する「歴史群像」のお城記事。ヨダレ級の記事であるが、数ページのために本を購入できず、いつも立ち読みで我慢する こっきぃ。そんな記事たちがまとまったこの本は、まさに待望の一冊である。

前作に引き続き、復元鳥瞰図、縄張図、周辺情勢図など、盛りだくさんの内容は相変わらず。一般的なお城の解説本と異なり、「お城の必然性」がヒシヒシと伝わってくる。続編である本号では、「城の攻防」に主眼が置かれていたため、余計にそう感じさせるのかもしれない。

いずれの記事も熟読級であるが、12月に攻城したばかりの岩櫃城、そして登り口がなかったり、山中をさまよったあげく撤退となった韮山攻めの陣城が、印象に残った。現地を訪れたからこそ、リアリティがより強く伝わってくるのだろう。

しかし、巻末に掲載された「城郭研究者が薦める堅城30選」。こっきぃが訪れた城を数えてみたら、たった 5城 しかなかった(TT; もう少しイケテルと思っていただけに、未熟さを痛感しました...まだまだデス。

|

« 喜代娘(鈴鹿市) | トップページ | 宮島の砲台跡で観察会 »

コメント

▼ KAI さん
こっきぃ自身も、ブログに残すため
「ザッ」と読んだだけ(笑)
「積ん読」ではいけないことは、
わかっているのですが..

投稿: こっきぃ | 2006/01/27 05:44

>数ページのために本を購入できず

そうなんですよね。(^^;)
だから、このようにまとめた本が出てくれると非常にありがたい。
と言いつつ、ほとんど読んでませんが(^^ゞ

>巻末に掲載された「城郭研究者が薦める堅城30選」。

へーそんなんがあったんだ(爆)
・・・
13城でした。

投稿: KAI | 2006/01/27 04:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87092/8350859

この記事へのトラックバック一覧です: 戦国の堅城II:

« 喜代娘(鈴鹿市) | トップページ | 宮島の砲台跡で観察会 »