« このレアルじゃねえ.. | トップページ | P,C,1B,2B,3B,SS,LF,CF,RF »

2005/07/26

投信はサッカー(4)

最後に選手(ファンド)選びについて。

現代サッカーでは、ユーティリティプレーヤー(複数のポジションができる選手)が好まれます。例えば、福西(ジュビロ)は、FWからDFまですべてこなせる稀な選手であり、そこが魅力的です。

しかし、ファンド選びでは、ユーティリティプレーヤーは不要。逆に、単純な選手(ファンド)がよいのです。ここは、サッカーと投信では異なる部分です。

理由は、選手(ファンド)自身が運営方針を変えてしまうことは迷惑なんです。投資の運営方針を決めるのは、あくまでも監督である自分。市場状況にあわせて、リスク軽減や投資方針を変えるファンドもありますが、チーム戦術で投信を楽しむとき、監督が期待したときに異なる動きをされては困ります。

ですから、明確かつ不変な運営方針であるファンドがまず第一条件。そして、契約金が安い(コストが安い)こと、安定した力を持っている(新規でなく、実績があるもの)ことに重視したいですね。

燃える情熱と単純明快さを合わせ持つ中山(ジュビロ)のような、誰も親しめるファンドが最高ですね。(県選抜時代 中山はDFもやっているけど(ボソッ)(完)
その3 <<・

|

« このレアルじゃねえ.. | トップページ | P,C,1B,2B,3B,SS,LF,CF,RF »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 投信はサッカー(4):

« このレアルじゃねえ.. | トップページ | P,C,1B,2B,3B,SS,LF,CF,RF »