« W32.Mytob.DH@mm | トップページ | お城遠征の計画法(2) »

2005/06/07

投信はサッカー(1)

W杯出場に王手がかかったサッカーだが、こっきぃ は、投資信託の考え方として、サッカーの発想を取り入れている。ヘンな組み合わせですが、意外とマッチしていると考えております。

1.3チームを応援
静岡県にはジュビロとエスパルスのJ1 2チームがある。こっきぃ はジュビロが好きだが、エスパルスも応援している。強いジュビロのころは、いつもニコニコでしたが、最近は...(><) ただ、エスパルスも応援することで、ジュビロが敗れても、エスパルスが勝てば、まぁ機嫌を損ねずにいられる。両方が負けたときは、大荒れですけどね、[最近は両チームとも低迷してますけど(笑)]

つまり、単独チームのみを応援するのではなく、複数のチームを応援することで、不機嫌になる回数を少なくなるので。

投信の場合には、投資対象(日本株、世界株、世界債券など)をチームと考えます。そして、特定の1チームではなく、複数のチームを応援(=投資)していきます。こうすることで、仮に1チームが不調であっても、別のチームでリカバーしていきます。成績(=収益)は1チームの結果ではなく、全チームののトータル成績で得るのです。

こっきぃ は、現在、上記3チームで運営しています。特徴の異なる3チームですので、すべてのチームが不調になることは少ない。全チーム(投資対象)の応援度合(投資バランス)を考える。不調(価格が下落)なチームの損失は、他チームでリカバーする。そして、不調チームを、タイミングをはかって戦力補強(=増資)する。こんな感じで、投信の購入方針を決めております。

・>> その2

|

« W32.Mytob.DH@mm | トップページ | お城遠征の計画法(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 投信はサッカー(1):

« W32.Mytob.DH@mm | トップページ | お城遠征の計画法(2) »